岐阜に伝わる絶品野菜「かつおいらず」を栽培し食す[簡単レシピ]

かつおいらずを育てる
妹のナオコ

ユキちゃんの好きな「可児ッテ」がテレビに出たよ。「坂上&指原のつぶれない店」っていう番組だよ。
「かつおいらず」が美味しいって紹介されたんだよ〜。

ユキコ

「かつおいらず」ってあのお雑煮に入ってる菜っ葉のこと?
「可児ッテ」に売ってるんだね・・庭に生えてるものだと思ってたわー。

そんなやりとりで、生まれた時から食べていた「かつおいらず」を初めて意識しました。
可児ッテ」とは、岐阜県可児市にある、道の駅。私の大好きな地元スポットです。

そういえば、地元から東京の家に持って帰り、おひたしにして旦那さんに出した時、「うまい、うまい」と大好評だったな・・そんなことも思い出しました。

そこで東京の自宅(マンション)の小さな庭で栽培してみようと思いたちました。

「カツオいらず」とは?

いったいどんな野菜?

「かつおだしがいらないくらい味が濃くておいしい」

と、いうことから「かつおいらず」と呼ばれている、岐阜県を中心に古くから栽培されている青菜(菜っ葉)です。

かつおいらず
(出典:ガジェット通信

ネットで調べると、別名「折り菜・折菜」といって、東北から九州まで広く栽培されているようですが、東京のスーパーでは見かけません。

春になると、岐阜県にある道の駅や、飛騨高山などで売っているようです。

私の大好きな「可児ッテ」にも取り扱いがあるようですが、私が行く、ゴールデンウィークに並んでいるのを見たことはありません。お雑煮に入っているくらいなので、かなり早めの春なのでは?と思います。

『かつお菜』との関係は?

1月初め頃、オイシックス で、『かつおいらず』と名前が似ている、『かつお菜』という野菜を見つけました。買ってみると、とっても大きい菜っ葉でした。

福岡産のかつお菜

「野菜のだし汁がうまい」「お雑煮には欠かせない」「だしを入れなくてもおいしいスープが出来る」等、とっても似ている特徴が。

食べてみると、『かつおいらず』よりは少しマイルドな、とっても美味しいだし汁が出ました。

これは親戚関係に間違いないと思いました。

『かき菜』にも似てる!

3月、【パルシステム】で見つけた『かき菜』(群馬県産)も、かつおいらずにそっくりでした。

親戚関係に間違いありません。

見た目的にも味的にも、『かつお菜』より近い親戚です。

▼東京西部〜埼玉では、「のらぼう菜」というそうです。

簡単レシピ

辛子和えがマイベスト

私が一番好きなレシピは、辛子和え。かつおいらずの風味が一番生きる料理だと思います。

レシピというほどでもありませんが、ご紹介。

かつおいらずの辛子和え
1. かつおいらずをさっと茹でる(茎2分、葉1分程度)
2. 冷水にさっと浸し水をきる
3. お醤油と辛子であえる
4. お好みでかつおぶしをのせる

私の場合、だいたいこのレシピで、1束は軽く食べてしまいます。8割以上、この食べ方をしています。

ちなみに、お醤油は、可児の近くの「八百津町」で製造される、”調味の素”がベストマッチです。

私はもうこのお醤油なしでのお料理は考えられないのですが、マイルドで風味豊かなとっても美味しいお醤油です。

”調味の素” は八百津町の名産品で、ふるさと納税の返礼品として提供されることもあります。ぜひチェックしてみてください!

参考サイト:ふるさと納税サイト「ふるなび」 ・・岐阜県>八百津町 を選択

お雑煮には必須

かつおいらず、はこの地方のお雑煮に入れる菜っ葉です。

さっと茹でるだけなので、別途塩茹でしておいてもよいし、お澄ましの出汁の中で、煮てしまっても良いと思います。

私が栽培したかつおいらず(のベビーリーフ)で作ったお雑煮の写真は、次のセクション「栽培してみた」でご紹介しています。

結局のところ、和洋中なんでもOK

ほうれん草や小松菜ほど、味にくせもないため、和洋中、なんでもいけるのがかつおいらずのいいところです。

洋風であれば、さっと塩茹でしてツナとトマトとマヨネーズでツナサラダにしたり、ニンニクで炒めてしらすとあえてパスタの具にしたり、シンプルなお料理によく合います。

中華風であれば、お肉や卵と一緒に炒めて、オイスターソースや中華だしなどで味付けしても、とっても美味しいです。あんかけの具にしても美味しいと思います。

要するに万能なわけです!!レシピいらず、とも言えます。

栽培にトライ

種を入手する・・お店では販売してないの!?

ユキコ

「かつおいらず」を家で作ってみたいから、今後帰った時、種を買いたいわ。

何言っとるのー。種は家で作るんだよ。私が毎年作ってるから分けてあげるわー。
もう40年以上作ってるなんて、私ってすごいね!うふふ。

へーそうなんだ、全然知りませんでした。頭が下がります(?)。食いしん坊な母親を持って、初めて感謝しました。

という訳で、封筒に入った種を持って帰ってきました。

小さな種を確認!

「お正月に間に合うように、種は10月前半にまくこと」

とのことだったので、教えを守り、今日(10/19)まくことにしました。先週は大きな台風が来たし、ギリギリになったけれど、雨が多かった分、土の状態は悪くないでしょう。

封筒を開けてみると、小さなサヤに入った状態で種が入っていました。とってもとっても小さな、直径1-2mmほどの種です。

落とさないように注意しながら、サヤから出しました。

かつおいらずの種とさや
かつおいらずの種(右)/空になったさや(左)

庭に種をまく(10月中)

小さな庭の中の、さらに小さな、私の自由にしていいスペースに種をまきました。半年ほど前、猫のための「猫草」の種をまいて、大失敗したスペースです・・何も生えてこなかったのです。

その原因はおそらく、種が流れてしまったこと。そうです、私は植物を育てるのが苦手なのです。でもやってみたいのです。

雨上がりなので、草も簡単に取り除くことができて、種まき日和でした。

かつおいらずの種まき
この半量程度の種を蒔きました

「猫草」の教訓を生かし、野菜用の土を2cmほど被せて完了です。

ちょっとひくと周りの圧がすごい

育ってくれるのを待ちます

種を多めにまいたと思っているので、少しでも芽が出てきたら、間引きをする必要があるかな、と思っています。

でも、うちの庭は西向きで、一日のうち、数時間しか陽が当たらないシェードガーデン。南向きで日当たり満点の岐阜の田舎の庭とは全く環境が異なります。

シェードガーデン

【ガーデニング】狭い庭&日当たり悪い・・でも育つ植物たち[3種のバラを育てる]

少しひ弱でも、立派に生えてきてくれるといいな、そして、お正月にお雑煮にできたら最高なんだけどな、と思っています。

ちなみに、お雑煮は、お醤油ベースで、

  • お餅
  • かつおいらず
  • かまぼこ
  • かつおぶし

だけが入った、シンプルなものです。

「かつお出汁はいらないのに、かつおぶしは要るんだね」という感じですが、とても美味しいです。

成長の記録

1週間後(10月末)、可愛い四つ葉の目が出ました

1週間後、植えた場所をみてみると、可愛い芽を発見!

このまま無事育ちますように。

かつおいらずの芽
小さくポツポツと見えるのが可愛い芽
かつおいらずの芽
近づいてみると、四つ葉ちゃんです

11月、実家のかつおいらずを、地植えしました

11月の三連休。実家の南向きの陽がさんさんと注ぐ庭で、プランターで育った、かつおいらずの苗を畝に植え替ました。5-6本を一つの塊にして、10cmおきに植えます。

これからスクスク育ち、お正月には10cmほどの菜っ葉に育つでしょう。

かつおいらずの苗
かつおいらずの苗をプランターから地植えに。5-6本を束にして、10cm間隔で畝に植えます。

お正月・・ベビーリーフをお雑煮に

私の植え方が悪いのももちろんだけれど、隣に大きな家がたち、日照時間がもはや1時間程度になった我が庭では、ベビーリーフほどにしか育ちませんでした。

かつおいらずのベビーリーフ
かつおいらずのベビーリーフ。5cm程度には育っています。

このベビーリーフだけでは、青菜が足りなかったため、小松菜を足して(小松菜がメインで・・)お雑煮を作りました。

かつおいらずのお雑煮
さっと茹でてお雑煮に。左下は小松菜、右上が、かつおいらず。

でもお味は、小松菜に全く負けていない、むしろ勝っている!!

かつおだしベースのお雑煮だけれど、かつおいらずはそれをさらに風味豊かに感じされてくれる、味わい深さでした。

計画していた通り、お正月に味わえたのは嬉しいけれど、我が家の庭には限界があり・・来年からは母の収穫物を分けてもらいたいと思います。

「かつおいらず」の里が沸いてる!?

明智光秀 ゆかりの地です。

ここのところ、「かつおいらず」も扱う私の大好きなスポット「可児ッテ」の周りが、にわかに沸きつつあります。

なぜなら、2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台になる場所だからです。

明智光秀 生誕の地 Webサイト
明智光秀 生誕の地 特設ウェブサイト

明智光秀が生まれ、幼少期を過ごしたと言われている「明智城」は「可児ッテ」の近くにあります。(といっても徒歩では厳しい距離にあり、基本、車移動になります。)

明智城」は城跡で、生垣しか残っておらず、小学生の時に遠足に行ったけれど、その生垣に座ってお弁当を食べた記憶しかありません。

明智光秀についても詳しいわけではないので、この機会にドラマをみて、勉強できればと思っています。

同様に、近くには、森蘭丸の生まれ故郷もあります。

連続テレビ小説『半分、青い』もわりと近くでした。

2018年上半期の連続テレビ小説『半分、青い』も、主人公の出身地がわりと近くでした。

近くと言っても、車で数十分ほどかかる距離なのですが、なにせ山ばかりなので、人同士であれば近所の部類かと思います(?)。

主人公のおじいちゃんが作っていた、「五平餅」は、岐阜県東濃地方(だけじゃないかもしれないけれど)のソウルフードとも言えるもの。

ほとんど全てのスーパーマーケットの出入り口に、小さな売店があって、「五平餅」や「みたらし団子」が売っています。

お買い物の後、おやつとして、またはランチとして、それらを買ってもらって帰るのが習慣でした。

五平餅
甘辛い味噌味がポイント!

パブロフの犬のように、よだれが出てきます。。

「半分、青い。」の脚本を手がけられた北川悦吏子先生もお隣の美濃加茂市出身。きっと大好きでいらっしゃるんだろうな〜と思っています。

道の駅「可児ッテ」がオススメ

いろんな華やかなムーブメントがあっても、何より何より、近くにお立ち寄りの際は、「可児ッテ」をのぞいていただきたい。

岐阜だけでなく、お隣の長野の地の物も取り扱われていて、買ったり食べたり、とにかく楽しめると思うのです。

可児ッテの外観
可児ッテの外観。緑豊かな環境に馴染むたたずまい。

可児ッテ 地元野菜
地元でとれた季節の野菜がところ狭しと並んでいます。このときは夏で、かつおいらずはありません。

可児ッテ 明宝ハムとおかずみそ
岐阜の名産、明宝ハム。そして、ふるさとの味、おかずみそ。ご飯に合いすぎる!
詳細情報

道の駅 可児ッテ
〒509-0212 岐阜県可児市柿田字杉坪416番地1
東海環状自動車道:可児御嵩インターチェンジからすぐ
営業時間:9:00~18:00
休館日:年末年始12月31日、1月1日 *臨時休業あり
電話:0574-61-3780

この大好きな、可児ッテ。いつかお気に入り商品を勝手にランキングしてご紹介したいと思います。

▼No.1候補はこの大人気のハム!焼いても、ハムカツにしても。

年々、私の地元愛が強まっていることもあるけれど、地元だけじゃなくて、色々な地方の特産物を楽しみたいな、と思っている今日この頃です。日本産にこだわりたいです。