手荒れが治らない!おすすめハンドクリーム・ワセリン&手袋でケア

3 min

冬になると手荒れがつらいよね。

食洗機にまかせても、料理をしたりちょっとした水仕事でも、かさついてくるし、ハンドクリームだけでは効かないわ。

妹のタカコ

妹のタカコ

ユキコ

ユキコ

そうだよね。私もお湯を使う季節になると、全然だめだわ。

でも最近、いい手袋を見つけて、お皿洗いが楽しくなったんだよね〜

冬に近くなると、水仕事がつらいとお悩みの人は多いと思います。私もその一人でした。

手荒れは治りづらいのに加え、ひどくなると、ひび割れやあかぎれが起きてしまうことも!

そうならないうちに、早めのケア・対策が必要です。

ケアをすることで、手荒れだけでなく、手荒れによるかゆみ、乾燥によるかゆみも抑えられます。

この記事では、手荒れ対策に有効な対処方法をご紹介します。

かゆみがひどかったり、赤い発疹ができている場合は、手荒れを超えた、『手発疹』になっている可能性があります。ステロイド薬などによる治療が必要ですので、まず、皮膚科を受診ください🏥
参考リンク:NHK健康チャンネル「その手荒れ、手発疹の可能性も!」

冬に手が荒れる原因 2つ

冬に手が荒れるのは、下記の理由が合わさったことが原因です。(参考引用:日経ヘルス

1.気温が下がり、空気が乾燥するから

冬の時期、気温が下がることで、手の指が冷えて新陳代謝が鈍くなり、角質層が硬くなってしまいます。

また、空気が乾燥するため、顔や体と同じように、手も乾燥しています。

つまり、冬の気候の影響が、手を荒れやすい状態にしてしまっています。

2.外的刺激により「潤いバリア」がはがれるから(お湯・洗剤・消毒)

手の表面からは汗や皮脂が分泌されることで、「潤いバリア」が作られ、さまざまな刺激から守ってくれています。でも、この「潤いバリア」、水で簡単に落ちてしまうのです。

洗剤や石鹸などを使えばなおさら削ぎ落とされてしまいます。

さらに、冬になると、水より落とす力の強いお湯を使って手やお皿を洗うこともあるし、年末年始は大掃除や料理で、その機会も多いです。

また、インフルエンザの感染予防で、手を洗う機会が増えます。

更に今年はコロナ予防のため、消毒の機会も多いです。

そんなさまざまな外的刺激により、「潤いバリア」がどんどんはがれ、手荒れにつながってしまいます。


そこで、下記に対策をまとめました。①〜③をすべてやりましょう

手荒れ 対策①手袋

水から守るのがまず一番!

手荒れの予防策の第一は、なんといっても、水仕事にゴム手袋を使うことです。

水仕事をしてから、ハンドクリームでケアすることも必要ですが、まずは、原因となる刺激を極力防ぐことが重要になります。

おすすめのゴム手袋

私が出会って、水仕事が楽しくなったゴム手袋を紹介します。

MARIGOLD(マリゴールド)というイギリスの老舗ブランドのゴム手袋です。

よくあるゴム手袋とは違い、手にぴったりフィットするので、とても心地よく使えるのです。

▼『敏感肌用』のグローブはアレルギーの原因となるタンパク質を含まない、ニトリルゴム製です。私はこちらの『Sサイズ』愛用しています。※身長156cm、服のサイズSサイズです

created by Rinker
¥649 (2021/05/12 02:15:46時点 Amazon調べ-詳細)

▼『キッチン用』のグローブは天然ゴムを2層重ね付けしたもの。指部分にすべりにくい加工がされています。

こんな感じで、使わない時はキッチンの取っ手にぶら下げ、使い終わったらフキンと一緒に、無印のクリップにはさんで乾かしています。

料理をする時は

お料理をするとき、ゴム手袋だとちょっと・・という方には、使い捨てのポリエチレン手袋がおすすめです。

手がつらいと、お料理をするのもつらくなってきますが、手袋があれば問題なしです。

手荒れ 対策②ハンドクリーム

血行不良や水仕事で、固くなった皮膚や角質を柔らかくするためには、ハンドクリームのケアは必須です。

お風呂上がりなど、手の皮膚がやわらかくなった状態でケアをしましょう

しっとり潤いのある状態からのケアが重要

おすすめハンドクリーム

まずは、水ベースのクリームを浸透させる

からから・かさかさ・固くなった指先には、まず、しっかり水分を含ませることが必要です。そこで、お風呂上がりのしっとりしたお肌に、水ベースのクリームを浸透させます。

塗った後すぐに、しっとりします。

@cosme でNo.1。4つの有効成分が「ひび・あかぎれ・しもやけ」を治してくれる!<医薬部外品>

その後、油ベースのクリームをたっぷり

油ベースのクリームといえばニベア!

水ベースのクリームがしっかり肌に浸透してから、その水分を閉じ込めるように、ニベアでたっぷりケアをします。

created by Rinker
NIVEA
¥2,980 (2021/05/11 14:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

手荒れ 対策③バーム・ワセリン

クリームでケアした後は、さらに水分を肌に閉じ込めておけるよう、バームやワセリンを重ねます。

オススメのバーム・ワセリン

ここでご紹介するのは、いずれも肌にやさしい天然成分からできているもので、手はもちろん顔やリップにも使えます

また、ナチュラルなヘアスタイルをつくる、ヘアワックスとしても使えます。

▼私のオススメはこちら!柑橘系のとっても良い香りに癒やされます。

created by Rinker
ザ・プロダクト(product)
¥1,640 (2021/05/11 13:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

▼ワセリンといえばこれ!たっぷりたっぷり使えます。

べたつくときは布手袋を

バームやワセリンをたっぷり塗って、べたつくな、お布団につきそうだな、というときは、布手袋をして眠りましょう。

▼ユースキンの手荒れケア用手袋。Amazonのベストセラーです!

created by Rinker
¥489 (2021/05/12 02:15:49時点 Amazon調べ-詳細)

▼通気性のよい麻素材でこちらも人気!暑がりさんや手が痒くなる方にオススメ。


以上、冬の手荒れ対策をお伝えしました。

冬でなくても、水仕事で手が荒れがちな方には、ぜひ上記ケアを試していただきたいです。

まとめ
  • 冬は空気の乾燥による肌のかさつきと、気温の低下による血行不良で、手荒れが起きやすくなる
  • さらに、お湯を使ったり、感染症対策の消毒で、肌への刺激が強くなり、肌荒れが起こってしまう
  • 対策としては、水を防ぐ『手袋』と『クリーム・ワセリン』によるケアのあわせ技が必要