【通勤服の制服化】パンツは3本を着回す[ユニクロ&プラステ冬コーデ]

ユニクロで大人のビジネスカジュアル
過去のユキコ

人気のユニクロをオフィス服として活躍させたいな〜
高見えする大人の上品な着こなしができればいいのだけれど。。

2018年の秋冬、ユニクロのパンツを2本購入しました。 お店で見て、これは会社に着ていける!大活躍する!と確信したから。

これまでもユニクロを愛用してきてはいたけれど、インナーの活用がメインで、パンツを会社用のオフィシャル服として活躍させるのはこれが初めてでした。

実際、履いてみると、楽だし、使い勝手がよくて・・・ユニクロの素晴らしさを再認識しました。これまで活用してこなかったのが惜しいと思ったくらい。

しかも、流行で私のパーソナルカラーでもある、ブラウンのカラーを楽しめました。

そして、今年ももちろん活躍予定。ほんと、感謝感謝でぜひおすすめしたいアイテムです。

上品で高見えする、40代・50代のための着こなしを考えて、手持ちの「ECCO」の革靴と合わせたコーデにしました。
去年の秋冬も大活躍した、とってもお気に入りのコーデを紹介します

▼10月中はパンプスと合わせます。

【オフィスカジュアル・秋】40代ミニマリストの着回しコーデ

ユニクロが大活躍

革靴と合わせて大人の高見えコーデ!?ネイビーのパンツ&黒のブーティ

まず、ユニクロのネイビーの ”EZYタックアンクルパンツ” を、ECCO の黒のブーティと合わせます。

ユニクロのネイビーのパンツとエコーのレースアップシューズ

黒に近い、とっても落ち着いたダークネイビーのカラーは、ビジネスシーンにぴったりです。黒いレースアップブーティとの組み合わせは、ビジネスカジュアルの王道といった感じで気に入っています。

”EZYタックアンクルパンツ” は名前の通り、タックが入っているスタイルなので、腰回り・お尻に余裕ができてとっても楽です。私の場合、サイズは S で丈直しは不要でした。(156cm, 48kg)

ウエストもゴムだけれど、ゆるい&楽というわけではなく、しっかりとした硬めのゴムなので、ラインがスッキリする。完璧!

2019年の秋冬コレクションでは、「EZYタックアンクルパンツ」 はラインナップから消えています。シルエットとしては ”テーパードパンツ” が近そう。特に、”ストレッチテーパードアンクルパンツ” は、ビジネスシーンにぴったりなベーシックカラーが揃っていて、会社服に使えること間違いなしです。

ブラウンのパンツ&ブラウンのブーツ

ユニクロのブラウンの ”EZYアンクルパンツ” を、ECCO のショートブーツと合わせます。

ユニクロのブラウンのパンツとエコーのブラウンのブーツ

ブラウンは私のパーソナルカラー「オータム」のストライクカラーなのだけれど、カジュアルになりがちなので、ビジネスに取り入れるのは少々難しいと感じていました。

でも、お気に入りのブーツと合わせて、ジョッキー風に、少しカジュアル強めに楽しみました。

今年は去年にもまして、ブラウンがトレンドになっています。流行に乗れているなんて恥ずかしいような誇らしいような・・これもユニクロさんのおかげです。

”EZYアンクルパンツ”は、タックがない分細身で、よりスッキリした着こなしが可能です。こちらもサイズは S で丈直しは不要。そして、2019年秋冬コレクションにも、同じ名前で登場しています。

1シーズン着まわしましたが、カジュアルに見えがちなブラウンのパンツにはちょうどいいシルエットだと思いました。

2タイプのパンツのシルエットの違いを比較

左のネイビーが ”EZYタックアンクルパンツ”。右のブラウンが ”EZYアンクルパンツ”。(いずれも2018年秋冬コレクション)

こうして見ると、同じSサイズでもシルエットの違いがよくわかります。

ユニクロの二種類のパンツの形比較

ワイドパンツはPLSTで

グレーのパンツ&グレージュのショートブーツ

こちらは、ユニクロでなく、PLSTのパンツ。2017年に購入した、”ウォームリザーブドワイドパンツ”です。

履くととっても暖かいのに、見た目は生地がさらっとしていているから、秋口から冬、また春先まで長い間、履くことができます。

PLSTはビジネスカジュアル〜ビジネス寄りの服の宝庫で、値段もお手頃なので、とってもお世話になっているブランドです。(ユニクロよりは高いけれど、デパートブランドよりはお手頃)

最近は、とろみシャツや、上下のセットアップを買うことが多いです。

”ウォームリザーブドワイドパンツ” に、ECCO のグレージュのショートブーツを合わせたコーディネートがこちら。

プラステのグレーのパンツとエコーのグレージュのブーティ

とにかく暖かくて、ワイドなのにラインもスッキリしていて、とっても気に入っています。

しかも、生地にモコモコ感がなく、さらっとしたスラックス風なので、春先にも軽めに履くことができるのです。

買うときに、店頭でサイズを見てもらったのだけれど、なぜか XXS !。こんなサイズを着るのは初めてでしたが、ウエストがゴムなこともあって、ぴったり。ご購入の際は、試着をオススメします。

ユニクロと同じく、丈直しは不要でした。

ワイドパンツ は、私の骨格診断「ナチュラルタイプ」に似合う形なこともあって、素敵シルエットになる気がして、履いているとウキウキします。

まるで、お気に入りのプライベート服を着ているみたいに!

このパンツが、ワイドパンツデビューで、この後、PLSTで春夏のワイドパンツも購入しました。

この3パターンを交互に着回し

会社服の制服化

冬の間は、この3パターンのボトムス&靴に、白系のシャツ+セーター+コートのスタイルが制服になっています。

夏も同じように、3本のパンツと、半袖シャツ・ブラウスで過ごしています。

全部お気に入りなので、毎日がとっても満足だし、昨日着ていないどちらかを着れば良いのだから、朝から迷うことがありません。

パンツは、ユニクロメイン + PLST、そして ECCO の靴で、私のスタイルが完成します。

靴はとにかく歩きやすいものを!

しっかり歩けるように、靴は歩きやすいものを選んでいます。

そんな私のお気に入りは、「ECCO」。革が上質でしっかりしていて上品だし、足にもフィットするので、大人の通勤・カジュアルにぴったりです。

また最近は、スニーカーも愛用しています。ADIDAS(アディダス)の白スニーカーは、シンプルで大人女性にもぴったりなデザインが揃っているので、オススメです。

とってもリーズナブルなのもうれしくて、何度もリピートしています。

そして靴下生活へ

パンツ+ブーツ&スニーカーの毎日なら、靴下での生活をおすすめします。とにかく気持ちいい!です。

東京であれば、寒い冬でも、ハイソックスを履けばとっても暖かいです。また、靴下屋 Tabio(タビオ)には、大人かわいい靴下がたくさんで選ぶのも嬉しい!!

また、タイツと違って足先まで動かしやすいから、どんどん歩いて、代謝をよくして、冷え知らずの生活を送ることができます。

まとめ
  • ユニクロのパンツは色・形ともに、私のビジネスカジュアルに最適だった
  • 冬のビジネスカジュアルのボトムスは、靴も合わせて3パターンを制服化している