【一泊二日】冬の温泉旅行の服装・持ち物[ミニマリスト&カジュアル]

箱根芦ノ湖桃源台

カジュアルでミニマルな、一泊二日、冬の旅行の持ち物をご紹介します。

今回の行き先は箱根。

東京からは、ロマンスカーセットプランなら小田急トラベルが断然お得です。ちょうど箱根駅伝が終わる、1月3日に到着しました。

芦ノ湖付近での散歩、プラス、宿での滞在がメインイベントです。宿は、温泉付きで、基本的なアメニティは用意されています。

そんな旅の条件の中で持って行った、かばん・持ち物・メイクやスキンケアなどをご紹介します。

カバン(リュック&サコッシュ)とポーチ

バッグ:24リットルリュック と サコッシュ

リュックとサコッシュ
リュックとサコッシュの組み合わせが便利

今回旅のお供をしてもらったのは、デンマークのアウトドアブランド「easy camp」の24リットルのリュック。

trekk inn という海外通販サイトで、購入したもの。ナイロン素材バリバリではないナチュラルな雰囲気が気に入りました。

また、似たような雰囲気・大きさのリュックを挙げてみました。どちらも超人気ブランドです。

▼カナダの人気ブランド『Herschel Supply(ハーシェルサプライ) 』の25リットルサイズ。素敵!

▼日本が誇る『anello』の22リットルサイズ。大人かわいい!


これまでリュックは、パタゴニアの15リットル、モンベルの30リットルを愛用してきました。今回の旅行であれば、15リットルがベストかもしれないけれど、少し歳を重ねたせいか、少し大きいバッグが安心だし、お土産をいれるスペースも考えて、この新たなリュックをデビューさせました。

パタゴニアと
ミニマルなバックパック旅行のお供たち
左:パタゴニアの15リットル・・一泊二日、伊勢神宮2人旅に行きました
右:モンベルの30リットル・・・ヨーロッパ1週間旅行に行きました、それ以上もOK

また、GUのサコッシュには、スマホ&クレジットカード、ハンカチ、ティッシュ、ウエットティッシュ、家の鍵、リップクリームなど、貴重品&身の回りのものを入れました。

リュックは便利だけれど、さっと取り出し辛いので、サコッシュやポシェットなどは必需品です。

ポーチ:スキンケア・メイク用 と 着替え用

持ち物は基本的にこの2つのポーチに納めてしまいます。

左のライム色のポーチは、長年愛用しているモンベルの「トラベルキットパック M(約10x21x5cm)」。とても軽く、バスルームにフックで引っ掛けられるので便利です。
スキンケアとメイクは全てこのポーチの中に収納します。

右の黒いポーチは、無印の「パラグライダークロス たためる仕分けケースS(約20×26×10cm)」。こちらに着替えを入れています。

ポーチの中身

スキンケア・ヘアケア・メイク

一泊二日のケアアイテム

一泊二日、温泉旅行のスキンケア・ヘアケア・メイクアイテムをご紹介します。

シャンプー&リンス、ボディーソープは温泉に備え付けの物を使うので、持って行きません。(B&Bやビジネスホテルに宿泊する場合は、必ず持って行きましょう!試供品が活躍します)

スキンケア

一泊二日、温泉旅行のスキンケアアイテム
潤いメインのアイテム

・ニベア 50gチューブ
・カバーマークのフェイスマスク
・クレンジングシート(以前の残り)
・無印の歯みがきセット

50gのニベアは、たっぷり塗りたくて、そのまま持ってきました一泊二日旅行には大きいけれど、温泉に入った後、思う存分潤いたかったのです。顔にもボディにもたっぷり塗ることができます。

洗顔後の顔にはニベアだけ!青缶ガッテン塗りの使い方と効果[元化粧品会社社員です]

温泉の後の楽しみ、シートマスクを忘れずに。キットで購入した、カバーマークのものです。リッチにいきました♪

メイク

一泊二日のメイクアップアイテム
コンセプト・・軽量化&省略

・ベースメイク:ベースメイクの試供品(マキアージュ)
・ファンデーション:無印 BBクリーム(ラップに詰め替え)
・パウダー:無印 紙おしろい
・アイブロウ:エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX
・アイシャドウ・チーク・リップ:Visse AVANT マルチスティックカラー
・リップクリーム:ママバター マルチバーム ヒュッゲ
・色付きリップクリーム:THE PUBLIC ORGANIC

ラップに包まれているのは、無印のBBクリーム。SPF40・PA+++なので、日焼け止めは塗らず、これに頼ることにしました。

ラップの包み方は、20cmくらいにカットしたラップの真ん中に適量のファンデーションを置き、キャンディーを包むようにクルクルと周りのラップをねじります。ねじったところにマスキングテープをぐるぐるとまき、余ったラップをカットして出来上がりです。

また、口紅に見える黒いスティックは、「ヴィセ(Visse) アヴァン マルチスティックカラー」。1本で、リップ・チーク・アイカラーになる、優れもの。まさに、ミニマリストのメイクアイテムです。

私は、009 ROSE SAND を使用していますが、発色がとても綺麗で、ツヤ感も上品で、気に入っています。ヌーディーな顔に仕上がります。

ちょっと唇の色が足りないな、という場合は、色付きリップを重ねてもよいかも。

THE PUBLIC ORGANICのリップは薬局で出会って購入しましたが、香りもつけ心地もとてもよくて気に入ってます。温泉に入ってからの食事で、化粧はしたくないけど・・という時に便利だと思います。オーガニックで安心。

また、アイブロウはいつも愛用品の「エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX」。

パウダー部分は、目の際にいれて、ダークカラーのアイシャドウとしても使います。また、ペンシルは、アイライナーとしても使います。

ヘアケア

・速乾タオル:cocoon ファイバータオル M (90×50cm)
・ヘアワックス(ラップに詰め替え)
・大島椿のヘアオイル(試供品)
・ヘアゴム・ヘアクリップ

cocoon ファイバータオル は、サブタオルとして髪を乾かしたり、眠る前に枕の上に敷いたりするといった用途を考えて、持って行きました。もともと髪が多い上に、今、ロングヘアなので、アメニティのタオルだけでは足りない心配があったからです。

あとは、ドライアーで乾かす前に、毛先につける大島椿のオイルの試供品。

翌朝、髪をまとめるのに使うヘアワックスは、ラップに包んで軽量化しました

その他

その他アイテム

スマホやカメラ・カメラのレンズ。メガネ・Apple Watch等。

カメラは、EOS M6 を使用していて、今回は箱根に行くので、望遠レンズも持って行きました。
軽くて小さいので、ヒョイと持っていけるカメラです。

また、メイクをあまりしたくないのと、メガネが好きなので、アラレちゃんメガネをかけました。

その他、ハンカチやティッシュ等。

着替え

黒の着替えポーチの中に入っているのは、ヒートテックの長袖とレギンス、下着、靴下、以上です。

トップス・ボトムス共に、下にインナーを着るので、服は着替えません。一日目・二日目共に同じ服装です。

服装&ヘアは超カジュアル

服装:ユニクロメインのコーデ

身長156cmです。。。

・上着:ユニクロ フリースコンビネーションジャケット
 ※箱根では上着の下に、モンベルのダウンを着ました。
・トップス:ユニクロ ヒートテックフリースタートルネックT(長袖)
・ボトムス:ユニクロ デニムジャージーボアパンツ
・靴:コロンビア(Columbia) オムニテックシューズ

上着は、ひと目ぼれした、大人気コラボ商品、2019 UNIQLO and Engineered Garments (ユニクロ アンド エンジニアドガーメンツ)の「フリースコンビネーションジャケット」。メンズのMサイズを購入しました。

カジュアルなコートは持っていないので、コートがわりに大きめサイズを購入して、中に着込むスタイルにしました。

東京より寒い箱根まで来るのは少しチャレンジでしたが、インナーにモンベルのダウンを重ねれば、ロープウェイで登った駒ヶ岳の上でも、全く問題なしでした。

右下がモンベルのダウン。右上は手編みのマフラー。

トップスの「ヒートテックフリースタートルネックT」は、ユニクロ70周年記念のくじ引きで当選したもの。もともと欲しかったアイテムだったので嬉しかったです。

着てみると、その暖かさと軽さにびっくりしました。もうセーターいらないわ、と思いました。この下にヒートテックのインナーを着たので、お蕎麦屋さんなどのお店に入ると、汗ばむほどの暖かさでした。

ボトムスは、「デニムジャージーボアパンツ」のMサイズをゆったりめに。色名はダークグレーですが、黒に近い色味です。もともと、家着が古くなったので、ワンマイル服を目的にブルーを購入しましたが、とても気に入って、ダークグレーを追加購入しました。

そして、家の中だけでなく、ワンマイルにも止まらず、カジュアルなお出かけに活躍させています。中のボアがとても暖かくて、快適な冬を過ごすことができています。今回は、箱根なので、ヒートテックのレギンスを重ねて防寒しました。

コロンビア(Columbia)のオムニテックシューズは、ハイカットだから足元が暖かく、スリッポンだから脱ぎ履きが楽です。また、軽い防水機能もあって、旅行には最適のシューズです。

最近は、通勤時にも活躍させています。

メイク&ヘア:おだんごとメガネ

今はヘアドネーションを目的に髪を伸ばしている最中で、背中の真ん中くらいまであります。

首元にマフラーなどを巻くため髪が邪魔になるのと、カジュアルな雰囲気にしたくて、おだんごにしました。45歳になるけれど、白髪もなく、量もまだあるので、立派なおだんごができます。

それにアラレちゃんメガネをかけて、真冬のカジュアルな旅のコーデが完成しました。

過去の記録)伊勢・鳥羽旅行の服装

過去、同じ季節に伊勢・鳥羽に一泊二日旅行したときの服装も記録として残しておきます。

15Lリュックでよりコンパクトに

かなり前に購入した、15リットル位のパタゴニア(Patagonia)のブルーのリュック。とにかく軽くて小さく、観光の邪魔になりません。雨の中、傘をさして観光しましたが、苦になりませんでした。

マフラー(左上)は私の手編み。お気に入りの毛糸ブランド NORO の ”しんりょく” という糸でゆるゆる編んだもの。帽子は CA4LAのキャスケット。ちょっとおしゃれな雰囲気になるし、もちろん防寒にもなります。

長年愛用のリュックと帽子

アウター

雨予報だったこともり、コロンビア(Columbia) のポケッタブルな防水ジャケットを着ていきました。生地がシャカシャカしていなくて、少しコットンデニムっぽい雰囲気。柄物はほとんど買わないのだけれど、薄い水玉がなんとなく可愛く思えて、購入したもの。


中には、今回と同じポケッタブルな、モンベル(Monbell) のダウンを重ねて、防寒対策はバッチリ。

コロンビアのレインジャケット。レイン仕様に見えない生地感。スリムなラインで丈は長めです。

天気予報どおりに、すごく雨が降ったので、この選択は大正解でした。

▼少し高いけれど、防水の機能性とデザイン性を兼ね備えています。

もしくは、ゴアテックス(GORE-TEX)素材の上着なら、雨が降っても安心です。

トップスとボトムス

以前愛用していた、ユニクロのタートルネックセーターのグレーと黒で行きました。すでに着倒してお別れしています。

でも、今回着た、「ヒートテックフリースタートルネックT」のほうが暖かいし軽いし、乾きやすくて機能性が良いです。やっぱり服はリニューアルが必要ですね。

ユニクロのタートルネック2枚とFrameworkのパンツ

靴は今回と同じ、コロンビア(Columbia) のオムニテックシューズです。

この靴も防水性があるので、旅行にはとってもお役立ちです。

とても履きやすいので、もはや通勤シューズにもなっています。

【週末旅行】伊勢神宮・鳥羽の離島でリフレッシュ観光[1泊2日]

以上、一泊二日旅行の持ち物・服装の紹介でした。

トラベルパッキング_スキンケア・メイク

【1週間旅行】スキンケア&メイク用品おすすめ[詰め替えなし・軽量ポーチ]

旅行バッグ

【ミニマリスト】初夏の旅行服コーデ・着回し1週間[ヨーロッパ]