猫が無理なくダイエット・ビフォーアフター[フード・食事回数・運動なし]

3 min
ユキコ

ユキコ

うちの猫は健康診断でいつも「太ってる」って言われるんだよね。

大して食べてないのに可愛そうで。

うちの猫は、年に一度の健康診断でずっと「太っている」と言われています。

フードも残すくらいで大して食べてないし、子供の頃からなんだけど・・と戸惑っていたのですが、突然痩せたので、その方法をご紹介したいと思います。

うちの猫のスペック

猫の種類・性別・年齢

うちの猫、まるは、9歳のブリティッシュショートヘアのオスです。

がっちり骨格で、大柄な猫だと思います。

最初から大きくて、体重も体長も、2歳からほとんど変わっていません。

お顔と目がまんまるなので、まるです。

性格

性格はとてもおとなしくて、落ち着いています。泣くこともありません。

また、病院へ連れて行くためにバッグに入れるときだけ、大きな声を出します。

運動

ほとんど運動しない

もともと活発な方ではないのですが、年々運動量は減っていて、いまでは一日10分、夫とボール遊びをする程度です。

あとは、広くないマンションの室内を散歩したりしています。

一日中寝ている日もあります。

運動量はとても少ないです。

これはずっと変わりません。

以前の食事

フード

3歳くらいまでは、ナチュラルバランス、それ以降は、ロイヤルカナンのブリティッシュショートヘア用のフードやインドアキャット、などを与えていました。

もちろん、すべて、総合栄養食です。

食いつきはまあまあよかったかな、と思いますが、体重に対する規定量を与えてもいつも食べ残していて、それでも太っている、と言われるのが不思議でした。

食事回数

夫と私が両方外勤のときは、朝晩の一日2回。夫が自宅で仕事をするようになってからは、朝昼晩の一日3回、1日の規定量を分けて与えていました。

あとは、お水は2ヶ所に分けてたっぷり与えていました。

ダイエットできた食事

とくにダイエットを意識したわけではなかったのですが、ドライフードを変えて、ウエットフードを取り入れ、食事回数を増やすことで、結果的に痩せました。

ドライフード

時折、耳の前を掻いていて、毛がはげてしまい、爪で引っ掻いて、赤く傷がついていることがありました。

それで、アレルギーを懸念して、ピュリナワンのグレインフリーのフードを取り入れました。

そもそも猫ちゃんは肉食。だから、穀物メインのフードより、タンパク質メインのフードがよいかな、と考えたのです。

また、評判もよかったし、お値段も適正なのが、選んだ理由です。

created by Rinker
ピュリナ ワン
¥1,678 (2022/01/17 07:53:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ピュリナ ワン
¥1,616 (2022/01/17 07:53:47時点 Amazon調べ-詳細)

チキンと白身魚の2種類があるのも、嬉しいポイント。

どれだけ味が違うかわかりませんが、趣向性が高いといわれている猫ちゃんの舌を少しでも満足させられたらいいな、と、交互に(400gが終わったら、違う方に変えて)与えています。

食いつきはよいです。皮膚の傷つきも減って、かゆみも少し軽減されたように思います。

ウエットフード

また、腎臓病対策で水分をとらせたいと思い、ウエットフードを取り入れました。

もともと水は飲んでいるし、腎臓の数値も悪くないのですが、一度悪くなったら、もう戻ることはできないという情報を本から得たのと、ちょうどタイミングを同じくして、ピュリナワンでも、総合栄養食のウエットの取り扱いが始まったので、さっそく取り入れたのです。

ロイヤルカナンにも、ウエットの総合栄養食はあるのですが、値段が高くて取り入れることはできていませんでした。(食いつきもいまいちだったし)

こちらは、一袋70gが200円程度の計算です。少し高いのですが、1日一袋もしくは、2日で一袋のペースで、2〜3回に分けて与えています。

ドライフードより食いつきはいいです。

また、うちの猫はスープが好きなので、お湯を大さじ1杯ほど加えて、スープっぽくしています。

あとは、アイシアの総合栄養食もバリエーションで与えています。

こちらも喜んで食べています。

ユキコ

ユキコ

よく考えると、穀物(糖質)を減らして、スープ(水分)を増やすって、私のダイエットと同じやり方。

だから、これは効果があると思います。

並べると、向かって左のウエットから食べます

食事回数

新鮮さを保つために、できるだけまめにご飯をあげたほうがよい、という情報を本から得て、4〜5回に増やしました。

結果、全体的に食いつきはとてもよくなり、時間になると、新鮮なご飯を待っているような仕草も見られます。(これまで、あまりそのようなことはなかったのですが)

うちの猫(5.5kgなので参考にならないかもしれませんが)の食事量と食事回数です。

<食事の例>

  • 朝いち:ドライ 10g、ウエット 35g(パウチの半量)+お湯大さじ1
  • 昼:ドライ 10g
  • 夕方:ドライ 5g、ウエット35g(パウチの半量)+お湯大さじ1
  • 夜(就寝前):ドライ 10g

私が在宅勤務になったので、まめにあげることができるようになりました。

外勤でも、朝2回(朝一と出かける前)、夜2回(帰宅後と就寝前)の4回にするのがよさそうです。

また、うちの猫はウエットフードを食べるのが苦手で、固形部分は結構残っているので、少々多めに与えています。

結果

上記のような感じで、特にダイエットを意識することなく暮らしていたところ、

去年の健康診断では、6.0kg だったのですが、一年後の今年は、5.4kgで、なんと10%も減っていたのです。

体重50kgなら、45kgまで痩せたのと同じ。

すごいですよね!!

でも、この調子で痩せてください、といわれてがっかりです。

確かによく見たら、一昨年の体重に戻っていただけでした。

でも、痩せたことは事実なので、この調子で続けていきたいと思います。

カテゴリー: